アーカイブ

‘本’ カテゴリーのアーカイブ

[book]ストレングス・ファインダーをやってみた

2008 年 9 月 23 日 コメントはありません

知人に自己分析に役立つツールなんかある?と聞いたところ、
「さあ、才能に目覚めよう」という本を紹介してもらった。

この本のカバーの裏についているIDをwebサイトに入力することによって
「ストレングス・ファインダー(強み探索システム)」という診断テストを1回だけ行うことができる。

「ストレングス・ファインダー」とは200万人へのインタビューから特定された、優れた行動パターン
を34種類に分類し、180項目の診断テストを通して、あなたの強みとなる特質上位5位を抽出してくれる。

ちなみに自分の結果は以下の通りである。(一部省略)

最上志向

優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。・・・・あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。・・・・あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。その方が楽しく、実りも多いのです。そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。


目標志向

「私はどこに向かっているのか?」とあなたは自問します。毎日、この質問を繰り返します。目標志向という資質のために、あなたは明確な行き先を必要とします。行き先がないと、あなたの生活や仕事はたちまち苛立たしいものになる可能性があります。・・・・すなわち、特定の行動が目標へ近づくために役に立つかどうかを本能的に評価し、役に立たない行動を無視します。そして最終的に、あなたの目標志向はあなたを効率的にさせるのです。・・・・他の人が脇道にそれ始めると、あなたは彼らを本筋へ連れ戻します。あなたの目標志向は、目標に向かって進むために役に立っていないものは重要ではないということを、あらゆる人に気付かせます。そしてもし重要でないなら、それは時間を割く価値がないということです。あなたは、あらゆる人を進路から外れさせません。

分析思考

 
分析思考という資質を持つあなたは、他の人に「証明しなさい。あなたの主張がなぜ正しいのか示しなさい」と強く要求します。このような詰問を受けると、自分の素晴らしい理論がもろくも崩れ落ちるのを感じる人もいます。・・・・あなたはデータを好みます。データは人々の考えに左右されず、ありのままだからです。あなたはデータを見ると、パターンと関連性を捜し出します。一定のパターンが互いにどのように影響するのか、どのように結びつくのか、結果はどのようなものかを理解しようとします。そしてその結果が、提示されている理論や目の前の状況にふさわしいかどうかを知ろうとします。これがあなたのやり方です。あなたはこれらの点を一つずつ明らかにして、根本的な理由を探し当てます。人はあなたのことを論理的で厳格であると見ます。その人達は、いつかあなたのところにやって来て、誰か他の人の「非現実的な考え」あるいは「整理されていない考え」を話し、あなたの研ぎ澄まされた思考から見た考えを聞くでしょう。・・・・

自我

あなたは、他人の目にとても重要な人間として映りたいのです。もっとはっきり言えば、あなたは認められたいのです。あなたは聴いて欲しいのです。あなたは目立ちたいのです。あなたは知られたいのです。具体的には、あなたの持ち前の強みによって人に知られ、評価されたいのです。あなたは、信頼でき、プロフェッショナルであり、そして成功している人として、尊敬されたいと感じています。同時に、あなたは信頼でき、プロフェッショナルで、成功している人とだけつきあいたいのです。・・・・あなたのこのことに対する熱い思いは非常に強く、あなたはこれらを実現しようとします。ですからあなたの生活は、強く求める目標、成果、地位であふれています。何に焦点を当てていようとも――一人によって異なりますが ――あなたの「自我」という資質は、中途半端から優秀な状態へとあなたを向上させ続けます。これが、あなたをより向上させ続けている資質なのです。

調和性

あなたは同意点を求めます。あなたは、衝突や摩擦から得るものはないという考えを持っているため、そのような争いを最小限にしようとします。周囲の人々が異なる意見を持っていることが分かると、あなたはその中の共通する部分を見出そうとします。あなたは彼らを対立から遠ざけて調和に向かわせようとします。事実、調和はあなたの行動を左右する価値観の一つです。・・・・他の人が自分の目標や、主張や、強く抱いている意見を声高に話している時、あなたは沈黙を守ります。他の人がある方向に動き出すと、あなたは調和という名のもとに(彼らの基本的価値観があなたの価値観と衝突しない限り)、喜んで彼らに合わせてあなた自身の目標を修正するでしょう。他の人たちが自分たちのお気に入りの理論や考えについて議論を始めると、あなたは論争を避ける方向に持っていき、全員が賛同できる、実用的で地に足の着いた事柄について話すことの方を取ります。・・・・

確かに8割がた当たっている感じ。なかなかの良書を教えてもらった。
また、この本では人間に対する間違った認識をしている企業の共通点2点とすぐれたマネージャーが持っている共通点2点について以下のように言及している。

間違った認識をしている企業の共通点

1、人はだれでもほとんどすべてのことにおいて、能力を発揮することができる。
 2、だれにとっても最も成長の余地があるのは、その人の一番弱い分野である。

優れたマネージャーの共通点

1、人の才能は一人ひとり独自のものであり、永続的なものである。

2、成長の可能性を最も多く秘めているのは、一人ひとりが一番の強みとして持っている分野である。

この点は自分の考えとまったく一緒で、共感できた。
ただ弱みは見たくないって考えもちょっとあるけど・・・・w

就活生にはお勧め!

カテゴリー: 就活, タグ:
Get Adobe Flash player